知識ライブラリーメニュー

ホーム
·システム基本情報
FTP
·FTPの設定方法
·FTP over SSLの設定方法
メール
·メールの設定方法
·メールのトラブルシュート
·ウェブメールの使用方法
·SSL対応メールの設定方法
CGI・PHP・データベース
·CGIのトラブルシュート
·MySQLデータベース
·PHP4・PHP5の使い分け方法
独自ドメイン・URL
·独自ドメインの設定ガイド
·サイト移転ガイド
·URL転送方法
·その他の高度なDNSの設定
その他
·オリジナルエラーページの設定方法
·ヘルプデスクでよくある質問
·専用サーバープランへの変更の手順
·独自ドメインSSLアップグレードの手順
·Google Checkoutのご利用手順
·リンク集

CGIのトラブルシュート

 

CGIのトラブルシュート

CGIを作動しようとすると「Internal Server Error」と表示される場合は以下をチェックしてください。

  1. FTPの転送モードをチェック

    CGIスクリプトのアップロードはアスキー(ASCII/Text)モードの使用が必要です。
     
  2. 「#!」のパスをチェック

    CGIのスクリプトの一行目にはそのスクリプトのパーサーのパスが入ります。Perlの場合は「#!/usr/bin/perl」となります。必要なパスはシステム基本情報のページに載っています。
     
  3. 許可モードの確認

    CGIとそのディレクトリーの許可が「755」になっているのを確認してください。FFFTPを使用の場合ばサーバーにアップロードしたCGIのファイルに右クリックをして「属性変更」を選択します。表示される画面で以下の様に設定します。



    Suexecを使用しているのでCGIとそのファイルがあるディレクトリーの許可モードを「XX7」または「X7X」(グループまたはその他に書込の許可がある)にするとSuexecのセキュリティチェックによりCGIは作動を許可されません。CGIとそのファイルのディレクトリーは755以下のモードにしている事が必要です。
     
  4. ログをチェック

    CGIのプログラムからエラーが出力された場合はエラーログに反映されます。メンバーコントロールパネルの「ホスティング管理」->「リアルタイムログウォッチ」->「エラーログ」を使用してエラーが出力されているかをチェックしてください。また許可の問題がある場合はSuexecログにも反映されますので、「ホスティング管理」->「 リアルタイムログウォッチ」->「Suexecログ」もチェックしてください。

    エラーが出力されていたら、そのエラーの問題の元(設定や言語のシンタックス)を直してください。
     
  5. ディスク使用量の確認

    BBSなどでデータファイルが正常に作製されない場合や0バイトのファイルが作成される場合はディスクの使用量がプランの限界に達していないのを確認してください。コントロールパネルの「ホスティング管理」->「ディスク使用量レポート」から確認していただけます。

  6. スクリプトをデバッグ

    ホストコンソールのヴャーチャルシェルを使用して、スクリプトのデバッグができます。Perlのスクリプトなら

    perl -cw script.pl

    を実行すると

    script.pl syntax OK

    と表示されます。もし他のエラーが表示されたらそのエラーの問題の元(設定や言語のシンタックス)を直してください。

Copyright © 80 Code Consulting, LLC. ホスティングレンタルサーバー All rights reserved.