CRONTAB(5)							    CRONTAB(5)



名前
       crontab - cron を駆動するための一覧表

説明
       crontab ファイルには cron(8) デーモンへの命令が「この日付のこの時刻にこ
       のコマンドを使用せよ」という形式で書き込まれている。ユーザはそれぞれ 自
       分 用 の	 crontab を持っており、各 crontab に与えられたコマンドは、その
       crontab を所有しているユーザの権限で実行されることになる。 UUCP や News
       は た いていそれぞれの crontab を持っているので、 cron コマンドの一部で
       su(1) を明示的に実行する必要性はない。

       空行および行頭のスペース・タブは無視される。行先頭の空白以外の文字が  #
       の 行はコメント行であり、無視される。 cron コマンドとしての行に注釈とし
       てのコメントを入れることはできない。それらはコマンドの一部とみなされ て
       し まう。同様に、環境変数を設定している行にコメントを入れることはできな
       い。

       crontab の動作行は、環境変数の設定か cronコマンドのいずれかである。環境
       変数の設定は以下の形式をとる:

	   name = value

       た だし、等号 (=) 両側のスペースはなくても良い。 value 内部の (先頭では
       ない) スペース文字は、値の一部として name に与えられる。 value 文字列は
       引 用符で括ってもよい (シングルクォートでもダブルクォートでも良いが、揃
       っている必要がある)。こうすれば先頭や末尾の空白を値に渡すことができる。

       いくつかの環境変数は cron(8) デーモンによって自動的に設定される。 SHELL
       は /bin/sh に設定され、 LOGNAME とHOME は /etc/passwd の crontab の所有
       者 の行から設定される。 HOME と SHELL は crontab 内部の記述で変更できる
       。 LOGNAME は変更できない。

       (さらに注意:LOGNAME 変数は、 BSD システムではまれに USER と称される...
       これらのシステム上では USER も設定される。) LOGNAME, HOME, SHELL の他に
       、 cron(8) は「この」crontab を実行した結果メールを送る必要が生じた場合
       、  MAILTO も参照する。もしMAILTOが定義されていたら (およびそれが空でな
       かったら) その名前のユーザーにメールを送る。 MAILTO が定義されていて も
       値 が設定されていなければ (MAILTO="")、メールは送信されない。 MAILTO が
       定義もされていなければ、メールは crontab の所有者に送られる。 cron をイ
       ン ストールする際に、メーラーを /usr/lib/sendmail ではなく /bin/mail に
       していると、このオプションは便利である。 /bin/mailはエイリアシングを 行
       わないし、 UUCP はたいていこのメールを読まないからである。

       cron コマンドの形式は V7 標準そのものであるが、多くの上位互換な拡張があ
       る。各行には 5 つの時刻・日付フィールドがあり、 (システムの crontab  フ
       ァ イルの場合) ユーザー名が続き、さらにコマンドが続く。分・時・月が現在
       時刻と一致し、かつ、 2 つの日フィールド (月内日または曜日) のいずれかが
       現 在時刻と一致すれば (以下の「注意」を参照)、コマンドが cron(8) によっ
       て実行される。 cron(8) は毎分に一度 cron エントリを調べる。時間と日付フ
       ィールドは以下の通り:

	      フィールド 指定可能な値
	      ---------- --------------
	      分	 0-59
	      時	 0-23
	      月内日	 1-31
	      月	 1-12 (もしくは名前。下記を参照)
	      曜日	 0-7 (0 と 7 は日曜日。もしくは名前)

       フィールドにはアスタリスク (*) も指定できる。これはあらゆるフィールドで
       ‘‘first-last’’ という意味になる。

       数値の範囲も指定できる。範囲は二つの数をハイフンでつなげる。指定数値 も
       領域に含まれる。例えば「時」に 8-11 を指定すると、 8時, 9時, 10時, 11時
       に実行することになる。

       リストもできる。リストはコンマで区切られた数値 (または範囲) のセット で
       ある。例:‘‘1,2,5,9’’, ‘‘0-4,8-12’’

       間隔値を範囲とともに指定することもできる。範囲の後に ‘‘/<number>’’ と指
       定すると、範囲内で指定数値ずつ飛ばすことになる。例えば「時」フィール ド
       に  ‘‘0-23/2’’ と指定すると、コマンドは 2 時間おきに実行される (V7 標準
       の別形式で書けば ‘‘0,2,4,6,8,10,12,14,16,18,20,22’’) 間隔はアスタリスク
       の後にも指定できる。「2 時間おき」といいたければ ‘‘*/2’’とする。

       「 月」フィールドや「曜日」フィールドには名前を使用することもできる。そ
       の日または月の最初の3文字を用いる (大文字小文字は問わない)。範囲やリ ス
       トを名前に対して用いることはできない。

       「 第 6」フィールド (行の残りの部分) には実行されるコマンドを指定する。
       その行のコマンド部 (改行文字または % 文字まで) が /bin/sh (または そ の
       crontab ファイルの SHELL 環境変数で指定されたシェル) によって実行される
       。コマンド中にパーセント記号 (%) がバックスラッシュ (\) によってエス ケ
       ープされずに置かれていると、改行文字に置き換えられ、最初に現れた % 以降
       の全てのデータは標準入力としてコマンドに送られる。

       注意: コマンド実行の日は 2 つのフィールドで指定できる -- 月内日および 曜
       日 である。もし両方のフィールドが制限指定 (* 以外) であると、いずれかの
       フィールドが現在時刻と合った時にコマンドが実行される。例えば、
       ‘‘30 4 1,15 * 5’’
       とすると、毎月 1 日と 15 日および毎週金曜日の午前 4:30 にコマンドが実行
       される。

CRON ファイルの例
       # (/etc/passwd の指定に関らず) コマンド実行に /bin/sh を使用する。
       SHELL=/bin/sh
       # (この crontab の所有者に関らず) あらゆる出力を ‘paul’ にメールする。
       MAILTO=paul
       #
       # 毎日、日付変更の 5 分後に実行する
       5 0 * * *       $HOME/bin/daily.job >> $HOME/tmp/out 2>&1
       # 毎月初日の 2:15pm に実行する -- 出力は paul にメールされる
       15 14 1 * *     $HOME/bin/monthly
       # 平日の午後 10 時に実行してジョーを心配させる
       0 22 * * 1-5 mail -s "午後10時だ" joe%ジョー、%%お前の子どもはどこだい?%
       23 0-23/2 * * * echo "毎日 0,2,4..時 23 分に実行する"
       5 4 * * sun     echo "日曜 4 時 5 分に実行する"

関連項目
       cron(8), crontab(1)

拡張
       曜 日指定において、 0 も 7 も日曜日とみなされる。 BSD と ATT ではこのよ
       うにはなっていないようだ。

       リストと範囲は同じフィールドに共存できる。 ATT や BSD  の  cron	 で は
       "1-3,7-9" は拒否されるだろう -- "1-3" または "7,8,9" のいずれかだけしか
       指定できない。

       範囲に「間隔値」を指定できる。すなわち "1-9/2" が "1,3,5,7,9" と同じ。

       月または曜日を名前で指定できる。

       環境変数を crontab の内部で設定できる。 BSD や ATT では、子プロセスに渡
       される環境は基本的に /etc/rc のものである。

       コ マ ンドの出力は crontab の所有者にメールされる (BSD ではこれを行わな
       い)。また crontab の所有者以外の人にもメールできる (SysV ではこれができ
       な い) 。さらにこの機能を無効にし、誰にもメールを送らないようにもできる
       (SysV ではこれもできない)。

著者
       Paul Vixie <paul@vix.com>




4th Berkeley Distribution	24 January 1994			    CRONTAB(5)