知識ライブラリーメニュー

ホーム
·システム基本情報
FTP
·FTPの設定方法
·FTP over SSLの設定方法
メール
·メールの設定方法
·メールのトラブルシュート
·ウェブメールの使用方法
·SSL対応メールの設定方法
CGI・PHP・データベース
·CGIのトラブルシュート
·MySQLデータベース
·PHP4・PHP5の使い分け方法
独自ドメイン・URL
·独自ドメインの設定ガイド
·サイト移転ガイド
·URL転送方法
·その他の高度なDNSの設定
その他
·オリジナルエラーページの設定方法
·ヘルプデスクでよくある質問
·専用サーバープランへの変更の手順
·独自ドメインSSLアップグレードの手順
·Google Checkoutのご利用手順
·リンク集

その他の高度なDNSの設定

当サービスの複数のアカウントで1つの独自ドメインを使用する場合
多数のサブドメインを一括で設定する方法
外部のネームサーバーをご利用する場合の設定
    NSレコードを使用する設定方法
    CNAMEレコードを使用する設定方法

 

当サービスの複数のアカウントで1つの独自ドメインを使用する場合の設定方法

当サービスでは特定の独自ドメインは一つのアカウントでのみ追加が可能となっています。(同じ独自ドメインを2つ以上のアカウントへ同時に追加する事はできません) 独自ドメインを一つのアカウントへ追加し、その独自ドメインのサブドメインを他のアカウントでご利用をご希望の場合はそのサブドメインをご利用をご希望のアカウントからそのサブドメインを独自ドメインとして追加する事によりご利用が可能となります。

たとえば独自ドメイン「domain.com」をアカウントAでご利用になり、その独自ドメインのサブドメイン「sub.domain.com」を別のアカウントBでご利用になる場合は、 まずアカウントAへ「domain.com」の独自ドメインを追加し、そしてアカウントBに「sub.domain.com」を独自ドメインとして追加していただく事によりご利用が可能となります。

サブドメインを独自ドメインとして追加する場合はお客様からコントロールパネルからの設定はできませんので、ヘルプデスクから追加を要請してください。

 

多数のサブドメインを一括で設定する方法

多数のサブドメインの設定が必要な場合は「DNS管理」の画面からキャッチオールのレコードを追加する事により一括で設定が可能です。

独自ドメインを追加した後にコントロールパネルの「ホスティング管理」→「ドメインネームとDNS」からその独自ドメインの左の「DNS管理」をクリックしてください。表示される画面から下記の様にキャッチオールのレコードを追加していただけます。

タイプ:A
ネーム/MX Pref:*
リゾルブ的:<現存の「www」のレコードと同様のIP>

下記が設定画面の一例となります。「domain.com.」や「333.333.333.333」は各独自ドメインにより異なります。


この後に「/public_html/ドメイン名/」のディレクトリー(例えば「/public_html/sub.domain.com/」など)からウェブサイトが表示される要になります。ウェブサイトのファイルをFTPからアップロードしてご利用いただけます。

 

外部のネームサーバーをご利用する場合の設定

当サービスでの独自ドメインのご利用は独自ドメインのネームサーバーを当サービスのネームサーバーへ設定してご利用いただくのが最適なご利用方法となります。なんらかの理由により外部のネームサーバー (当サービスのネームサーバーでは無いネームサーバー)でのご利用が必要となる場合は下記の様に設定をしてください。下記に説明されている以外の方法で設定をされている場合はサポート対象外となり、障害などには対応できませんのでご注意ください。

■設定説明

当サービスのサーバーのIPはサーバーの変更やメンテナンスのため変更する場合があります。このため当サービスでご利用する独自ドメインのホストネームをAレコードとして設定をしない様にしてください。 外部のDNSサーバーをご利用の場合は必ずNSレコードを使用する設定かまたはCNAMEレコードを使用する設定をご利用ください。下記がこれらの設定方法の手順となります。

NSレコードを使用する設定方法
CNAMEレコードを使用する設定方法

 

NSレコードを使用する設定方法

NSレコードを使用する設定では当サーバーでご利用する独自ドメインのホストネームにNSレコードを設定し、コントロールパネルの「アカウント概観」のページで表示されるネームサーバーに設定してください。共有サーバーでは下記がそのネームサーバーとなります。

nsc1.80code.com
nsc2.80code.com

■BINDの設定例

DNSサーバーがBINDの場合は下記の様に設定していただけます。

domain.com.   IN   NS   nsc1.80code.com.
              IN   NS   nsc2.80code.com.
www           IN   NS   nsc1.80code.com.
              IN   NS   nsc2.80code.com.
sub           IN   NS   nsc1.80code.com.
              IN   NS   nsc2.80code.com.

「domain.com」は当サービスでご利用をご希望の独自ドメインのホストネームとなります。「www」や「sub」は「www.domain.com」や「sub.domain.com」と言うサブドメインも当サーバーでご利用する場合に設定していただけます。

 

CNAMEレコードを使用する設定方法

NSレコードが使用出来ない場合はCNAMEレコードの設定方法をご利用ください。

この設定では当サーバーでご利用する独自ドメインのホストネームにCNAMEレコードを設定し、コントロールパネルの「アカウント概観」のページで表示される「サブドメインサイト」へ設定してください。

たとえば「アカウント概観」で表示されている「サブドメインサイト」が「http://account.80code.com」の場合は「account.80code.com」がサブドメインサイトのホストネームとなります。当サービスでご利用する独自ドメインのネームサーバーを外部のDNSサーバーでご利用になる場合はそのDNSサーバーからご利用になる独自ドメインのホストネームを「account.80code.com」のCNAMEレコードと設定していただく様になります。

■BINDの設定例

DNSサーバーがBINDの場合は下記の様に設定していただけます。

domain.com.   IN   CNAME   account.80code.com.
www           IN   CNAME   account.80code.com.
sub           IN   CNAME   account.80code.com.

「domain.com」は当サービスでご利用をご希望の独自ドメインのホストネームとなります。「www」や「sub」は「www.domain.com」や「sub.domain.com」と言うサブドメインも当サーバーでご利用する場合に設定していただけます。

Copyright © 80 Code Consulting, LLC. ホスティングレンタルサーバー All rights reserved.