知識ライブラリーメニュー

ホーム
·システム基本情報
FTP
·FTPの設定方法
·FTP over SSLの設定方法
メール
·メールの設定方法
·メールのトラブルシュート
·ウェブメールの使用方法
·SSL対応メールの設定方法
CGI・PHP・データベース
·CGIのトラブルシュート
·MySQLデータベース
·PHP4・PHP5の使い分け方法
独自ドメイン・URL
·独自ドメインの設定ガイド
·サイト移転ガイド
·URL転送方法
·その他の高度なDNSの設定
その他
·オリジナルエラーページの設定方法
·ヘルプデスクでよくある質問
·専用サーバープランへの変更の手順
·独自ドメインSSLアップグレードの手順
·Google Checkoutのご利用手順
·リンク集

オリジナルエラーページの設定方法

 

オリジナルエラーページ説明

オリジナルエラーページとはURLにアクセスした場合の「404 Not Found」、「403 Authorization Required」、「500 Internal Server Error」などのエラーが表示されるページを自由にカスタマイズ出来る機能です。

 

設定方法基礎

設定は「.htaccess」のファイルにErrorDocumentを指定します。

 

設定方法手順

  1. 新しい「htaccess.txt」などのファイルを作成します。
     
  2. そのファイルをメモ帳などで開き、以下のテキストを記入してください。

    ErrorDocument 403 /403.html
    ErrorDocument 404 /404.html
    ErrorDocument 500 /500.html
     
  3. ファイルを保存し、FTPで「/public_html/」へアップロードして下さい。アップロードした後にそのファイルを「.htaccess」とリネームして下さい。
     
  4. その後に指定されたファイル名でオリジナルのエラーページをアップロードしてください。

    「/public_html/404.html」は「404 Not Found」 (ページがありません)
    「/public_html/403.html」は「403 Authorization Required」 (特許が必要です)
    「/public_html/500.html」は「500 Internal Server Error」 (サーバー内部のエラー)

公式Apacheカスタムエラー解説ページ

Copyright © 80 Code Consulting, LLC. ホスティングレンタルサーバー All rights reserved.