知識ライブラリーメニュー

ホーム
·システム基本情報
FTP
·FTPの設定方法
·FTP over SSLの設定方法
メール
·メールの設定方法
·メールのトラブルシュート
·ウェブメールの使用方法
·SSL対応メールの設定方法
CGI・PHP・データベース
·CGIのトラブルシュート
·MySQLデータベース
·PHP4・PHP5の使い分け方法
独自ドメイン・URL
·独自ドメインの設定ガイド
·サイト移転ガイド
·URL転送方法
·その他の高度なDNSの設定
その他
·オリジナルエラーページの設定方法
·ヘルプデスクでよくある質問
·専用サーバープランへの変更の手順
·独自ドメインSSLアップグレードの手順
·Google Checkoutのご利用手順
·リンク集

MySQLデータベース

データベースの設定手順
phpMyAdminからデータベースへアクセス
プログラムからデータベースへアクセス

 

データベースの設定手順

当サービスのコントロールパネルの「ホスティング管理」->「MySQL管理」の画面から下記の様にデータベースを設定してください。

1. データベースを製作

「新しいデータベースの製作」をクリックしてください。表示されたウィンドーへご希望のデータベース名を入力して「実行」のボタンをクリックしてください。

新しいデータベースが製作されました。データベース名の先にはお客様のアカウント名が「アカウント名_」の様につきますのでご注意ください。

2. ユーザーの製作

「新しいユーザーの製作」をクリックしてください。表示されたウィンドーへご希望のユーザーネームとパスワードを入力してください。ホストネームは「localhost」のままにしてください。「実行」のボタンをクリックしてください。

新しいユーザーが製作されました。ユーザー名の先にはお客様のアカウント名が「アカウント名_」の様につきますのでご注意ください。

3. ユーザーにデータベースの許可をあたえる

先ほど作製されましたデータベースの左の「ユーザーに許可」をクリックしてください。ユーザーのドロップダウンメニューから先ほど作製されたユーザーを選択してください。その他はそのままにしてください。「実行」のボタンをクリックしてください。

ユーザーにデータベースへの許可が設定されました。

設定はこれで完了です。

 

phpMyAdminからデータベースへアクセス

「ホスティング管理」->「MySQL管理」の画面の下位にある「phpMyAdmin」を選択しますとphpMyAdminが表示されます。phpMyAdminはウェブからMySQLを管理するツールです。データベースとユーザーを設定した後に動作の確認などが行えます。

「Language」から「Japanese (ja-euc)」か「Japanese (ja-sjis)」を選択していただきますと日本語で表示されます。「Japanese (ja-euc)」を選択いたしますとテキストのデータがEUCで処理され、「Japanese (ja-sjis)」ですとShift JISで処理されます。

「ユーザー名」は先ほど製作いたしましたユーザー(@localhostは除く)、パスワードはそのユーザーを製作した際に指定したパスワードを入力してください。「ログイン」をクリックして下さい。

 

プログラムからデータベースへアクセス

先ほど設定したデータベースへCGIやPHPのプログラムからアクセスする場合は下記の様に設定してご利用ください。

データベース名 (Database) 「データベース」と表示されているデータベース名
例: counter_database
ユーザー名 (UserやDBUser) 「ユーザー」に表示されているユーザー名。@localhostは除く。
例: counter_user
パスワード(Password) ユーザーの製作をした際に設定したパスワード
ホストネーム(HostやDBHostやIP) 「localhost」または「127.0.0.1」
ポート番号(Port) 「3306」

例えばPerlからデータベースへ接続する場合は下記のサンプルのCGIの様になります。'xxxxxxxx'はパスワードとなります。

#!/usr/bin/perl

use strict;
use DBI();

my $dbh = DBI->connect('DBI:mysql:counter_database:localhost:3306', 'counter_user', 'xxxxxxxx');

my $sth = $dbh->prepare('show variables');
$sth->execute();
print "Content-type: text/html\n\n";
print '<html><body><h2>show variables</h2><table border="1">';
while (my (@row) = $sth->fetchrow_array()) {
    print "<tr><td>" . join("</td><td>", @row) . "</td></tr>\n";
}
print "</table></body></html>";

 

Copyright © 80 Code Consulting, LLC. ホスティングレンタルサーバー All rights reserved.